当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する

下総中山駅前整骨院

下総中山駅前整骨院

下総中山駅前整骨院

坐骨神経痛

悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    腰や片側の太もも、足先にかけて一日中、もしくはある決まった動作で発生するビリビリと電気が走るような強いしびれ
    その日の体調や健康状態によって痛みや痺れが出る場所が変わる
    同様の部分、主に足先にかけての強い冷感
    身体を前屈や捻る運動をした際に腰の痛みが増悪する
    一側の下肢を絞めつけられる感じや感覚の異常
    仰向けで寝た状態で膝をのばし脚をあげた時地面から約30°から70°の間で痛みの増悪や痺れの出現

  2. 坐骨神経痛に対する当院の考え

    明るい挨拶

    坐骨神経は人体の中で最も太い神経で、刺激を受けたり圧迫されることで発症するものです。坐骨神経痛が起こる原因は様々ですが、一つは長時間同じ姿勢、中腰や重たい荷物を持った時に起こりやすいです。この時、固まってしまっている筋肉に対して手技治療だけではアプローチできない深層筋を刺激するために、当院では鍼治療や電気治療を勧めています。また、加齢や病気が原因により腰椎の変化で脊柱管が狭くなったことで痛みが出ている時です。このとき姿勢の悪さから骨格が歪み正しい姿勢を保つことがでず、脊柱管に負荷がかかり神経が圧迫されてしまうため、骨格矯正を行い根本的に治療していきます。

  3. 坐骨神経痛を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    坐骨神経痛を放っておくと、日常生活に支障が出ます。しゃがんだり座ったりするのが難しかったり、筋力低下による歩行困難や神経が麻痺してきて座っているだけで痛みが増したり様々な症状を引き起こします。また、排尿・排便障害などの重度の症状が現れた場合は手術をする場合もあります。坐骨神経痛によくある「しびれ」は神経症状の一つです。仮に放っておいて痛みが引いた場合があったとしても再発する確率は高いですし悪化してしまいます。また、痛みに耐えることで今まで痛みのなかった場所に負担が増えて更に治りが遅くなってしまいます。なので早期改善を行うことが重要になります。

  4. 坐骨神経痛の軽減方法

    明るい挨拶

    まず坐骨神経痛が出る原因としては、骨盤周りにある梨状筋と言う筋肉が神経を圧迫してしまうのが原因です。なので、その筋肉や周りの筋肉も一緒に緩めてあげないといけません。改善方法としては、物理療法や運動療法、装具療法、薬物療法、ブロック療法などがあります。物理療法としては温熱治療やマッサージ療法、電気療法、骨盤牽引など。装具療法はコルセットなど。この他にも日常生活を変える事で改善していく事もあります。1つ目は禁煙です。タバコは血管を収縮して血流を悪くしてしまうので禁煙することによって血流が良くなり、筋肉の緊張などもほぐれてきます。2つ目は重いものを片方で持たないことです。バランスが悪くなると体にかかる負担が増え、筋肉が緊張しやすくなってしまいます。調べてくとまだ改善法は出てきますが、まずは今挙げた事を意識して生活してみてください。

  5. 坐骨神経痛の軽減に効果的な当院の施術メニューは?

    姿勢矯正

    坐骨神経痛が起こる原因としては様々あり、腰椎(背骨の腰の部分)の変形により神経を圧迫したり、お尻の筋肉の硬さにより神経が圧迫されたりと原因は様々あります。そう言った原因に対し、当院では鍼治療や電気の治療をお勧めしております。鍼治療で硬くなってしまった筋肉の深部にまでアプローチできたり、電気治療で腰椎の安定性を上げ、痛みを軽減させることができたりと、いろんな施術メニューがございます。原因を見極めたうえで治療を行っていきますので、ご安心して治療を受けてください。更に、痛みが少しずつ治まっていけばストレッチを行うのも有効的です。セルフで行えるストレッチ等を教えていき、アフターケアも当院ではしっかりと行っていきますのでご安心ください。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    坐骨神経痛を軽減させてる為に筋肉の緊張を和らげる事と骨格を治す事で改善する事が期待出来ます。
    痺れや痛みの原因は神経の圧迫で起こる事が多く、腰やお尻部分での筋肉緊張が骨を歪ませる事によって神経を圧迫し痺れを伴うので緊張を改善する事により、症状の改善をする事で自律神経も整え不眠でお困りの方にもオススメ出来ます。また、骨格も治るので姿勢改善も同時に行う事も出来るので体全体の症状改善にも役立つ事になります。

  7. 改善するために必要な施術頻度は?

    明るい挨拶

    治療の頻度の基本的な考えとしては、「出来るだけ毎日」と思って頂きたいです。
    特にデスクワークの方は座っている時間が長いので常に坐骨神経を圧迫してしまっています。
    日々消耗している分出来るだけ毎日治療を受けて頂いて回復の部分を増やしていきましょう。
    それがライフスタイルとして難しい方は治療効果が48時間〜72時間と言われてるので、2日か3日に一度治療を受けて頂く事をお勧め致します。

  8. 坐骨神経痛関連でよくある質問と回答

    明るい挨拶

    • 坐骨神経痛という言葉は良く耳にしますが、定義として「足から腰に伸びている神経を指し、何らかの理由でそこが圧迫された結果下半身に痺れが出る」事になります。
      よくある質問としては座っている時間が長いとお尻からももの裏にかけて痺れるという方が多くいらっしゃいます。
      これは先程の定義の通り、座っていると坐骨神経が圧迫されて神経の通り道を圧迫した結果出た症状になりますね。
      これに対する回答としては、筋肉は動かさないと固くなる性質があり、お尻には身体のクッションという役割があります。
      その作用が座っていと動かないのでその時間の長さと共にクッションの作用が弱くなってしまい坐骨神経の出どころを圧迫し痺れが出ています。
      ですので腰から下半身の柔らかさを出す治療が必要になります。

    • 坐骨神経痛とはどのような症状ですか?という質問が多くあります。
      主な症状は「お尻から足にかけての痛み」「長時間立っている・座っていることが辛い」「身体を前に倒すと痛みやしびれが増す」「身体を反らすと足へのしびれが増す」などがあげられます。坐骨神経を簡単に説明をすると、腰から足先にかけて伸びている神経です。その神経が筋肉や何らかの原因によって圧迫・刺激を受けることで上記のような症状が現れます。片足のみに症状が起きることがほとんどではありますが両足にも起きることがあります。1つでも当てはまる場合、坐骨神経痛の可能性があるので病院での検査を受けて頂くことをお勧めします。

    • 坐骨神経痛でよくある質問として、何故坐骨神経痛は起きるの改善はされるのという質問が多く上げられます。その答えとして、まず坐骨神経というのは人間の神経の中で1番長く太いです。途中、臀部の方で梨状筋という筋肉の間を走り足先まで走っています。
      1番多いのはその梨状筋の方で坐骨神経が圧迫を受けて痺れなど症状が出てくるケースが多いです。後は元々腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症を患っている方は起きやすい理由の一つです。改善する為には、まず重たい荷物などを極力持たない、同じ姿勢を長時間しない、激しすぎる運動禁止、ダイエットなどが求められます、それを改善する事により徐々に症状を抑えきれます。

▲ページの先頭へ戻る

   

○ JR「下総中山駅」からの下総中山駅前整骨院までの道のりです。

JR「下総中山駅」→ 1分
駅改札
1.下総中山駅改札を出ます

南口出口を出ます
2.南口出口を出ます

南口を出てすぐ右方面を歩きます
3.南口を出てすぐ、右方面を歩きます

右手SEIYU前を通り過ぎます
4.右手SEIYU前を通り過ぎます

左手カット店前を通り過ぎます
5.左手カット店前を通り過ぎます

下総中山駅前整骨院に到着
6.下総中山駅前整骨院に到着

下総中山駅前整骨院のご案内

【住所】〒272-0015 千葉県市川市鬼高2-9-8 【電話】TEL:047-332-1100

受付時間 土・日・祝
9:30~12:30 9:00~13:00
15:30~21:30 15:00~17:30

年中無休で営業 ※年末年始を除きます

下総中山駅前整骨院景観 下総中山駅前整骨院マップ
当院までの地図

JR総武線 下総中山駅 南口から徒歩1分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

市川南、塩浜、北方町など広く地域の方にお越しいただいております。

お気軽にお問い合わせください
  • 下総中山駅南口から 徒歩1分!

    047-332-1100

    電話予約できます!(受付時間内)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る

該当する方をタップして下さい

初診 or 再診を選択して電話をおかけ下さい。

初診の方

再診の方